葬儀の受付では記帳が一般的

葬儀をはじめて行う際に、わからないことが多くて困るという方も実はとても多いです。やはり、初めてという場合に限らずですが、セレモニーホールなどを利用される方が今はほとんどです。葬式を自宅で行うということも、場合によっては特に田舎の方ではあったりしますが、準備も大変ですし、今都会の方ではほとんどのケースで葬儀会場を利用することが多いです。受付では、記帳をするということが一般的な流れです。そこで香典などを渡すということもあるわけですが、そういった流れなども、わからないことを含めて、セレモニーホールの方に教えてもらうことができます。

葬儀の受付は神経がすり減る

葬儀で大変なのが受付です。故人のご家族は悲しみと参列される方々や住職や式場関係者への対応で手一杯ですから、故人との関係が遠い親族や、喪主の会社の仲間が複数で受け持つことになります。これで、大部分の参列者は問題なく対応出来ますが、いちばん、わかりにくいのが故人の古い友人の方です。特に、ご高齢の友人は、故人のご家族でも名前すら知っていないことは、よくあります。時には、ご高齢なだけに香典の中身のお札の入れ忘れもあり、なかなか、式場では注意しづらいものです。少額なら対応した者が被る事もあるようです。葬儀の受付は神経がすり減るものです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀における受付担当では All rights reserved