葬儀の受付で会計を担当する

葬儀の受付、意外とトラブルが発生することがあります。通常は、不正を避けるために複数名で行います。一人が香典に書かれた金額と実際の金額を確認して、合っていれば香典袋を残し、現金をもう一人の担当者に渡します。たまに、ご高齢の方は現金を入れ忘れることもあります。それとなく、注意できる環境なら丁寧に説明して、現金を徴収することですが、あくまで、入れたと主張されたら、式が終わってからその経緯を一部始終、喪主やご家族に二人で説明しましょう。場合によったら、故人を送る大事な葬儀です。つつがなく終わらせるようにトラブルを避けたいのなら、会計担当者が被る覚悟も必要になります。

葬儀での受付の役割とは?

通夜や葬儀に設けられている受付を依頼された場合、その役割がどんなものか分からず戸惑う事も多いものです。この役割について簡単にまとめて見ます。まず受付では葬儀会館を訪れられた参列者に記帳を促し、記帳して頂くのが1番目の役割です。第2の役割は、差し出された香典をしっかりとお預かりする役割です。香典袋から現金を取り出して、袋に記載の金額と照らし合わせて現金のみをまとめて保管するケースと、香典袋のままお預かりし、それが逸散しないように糸を通した針に順次通して保管する方法などが取られています。いずれのケースでも、故人と親しくても遺族が知らない場合もある為、香典袋に住所が記載されているか、またフルネームが入っていて記帳の住所と照合できるか等をチェックするのが心得と言えます。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀における受付担当では All rights reserved